託児所

2006年04月17日

保育士さんからの返事

今日、トイレトレーニングの時期について連絡帳に書いてみたところ、保育士さんからのお返事を頂きました。
「1歳から始める子もいれば、2歳、3歳から始める子もいます。個人差が大きいことだと思います。sunちゃんが言葉ではなくてもジェスチャーなどでオムツが不快困ったという反応を見せるようになったときが始める頃合いだと思います。もう少し様子を見てみましょう。」
そっかー、安心音符
ここの託児所、一人一人にあわせてやってくれるってことなんだね、きっと。なんだかそれだけで嬉しくなってしまいました笑い

31febc23.jpg
アポロは換毛期に入りました。sunがコロコロで掃除中

8fb6e7ac.jpg
床までやってくれるんだ…


at 21:10|PermalinkComments(2)

2006年04月02日

物いり

74fc31f1.jpg

昨日の託児所の続き。
新しく施設が変わることに伴って、今までできなかったことができるようになると園長や保育士からお話しがあった。
畑での野菜作りに、芝を張った庭での裸足になっての外遊び。その他もろもろ。これはとてもいいことだよね。

しかし、マイナス面もあると言われた。
それは着替えの機会が増えるということ。今までは外遊びも頻繁にできなかったので着替えはほとんどなかったけれどこれからはそうはいかないでしょう。洗濯等が増えるとは思うけれど、家庭の協力をお願いします、と言われてしまった。

がーん…困った
…ってことは、服の数を増やさなくちゃダメじゃん。
あ~あ、なんて言ってられない。もう月曜から新しい施設での保育が始まるんだから。
と言うわけで慌てて今日仕入れてきました。ホントはさ、エーグルとかプチバトー、ラルフなんかで揃えたかったわよ。でもね、大量にそこで買ったら我が家は破産…なので渋々安めのところでガマンしました(でもクマちゃん模様とかラブリー系は絶対イヤなので避けた。もしsunがそういうのを着ているとしたらばぁばの趣味です)。
しかし未だにサイズで悩む私。90じゃやっぱりでかい。80でちょっと袖や裾を折ればOKだけれど、それだと秋には着られなさそうだし。結局トップスは90,ボトムスは80で。いずれ大きくなるだろうからと、良かれと思って買った18ヶ月用のデニムパンツは動いている間に脱げてしまうので託児所で着替えさせられたという苦い経験があるのでね。
ちなみに昨日の進級式できていた服は90。ピッタンコに見えるんだけれど、パンツは実は6分丈パンツだったりするわけでして悲しい

ま、そんなわけでTOMOさん、うちの託児所も着替えは毎日になりそうですわ…トホホ。

at 15:33|PermalinkComments(3)

2006年04月01日

進級式

ちょっとおすまし
4489a1ee.jpg

今日は土曜日なのですが、託児所へ行ってきました。なぜかというと、進級式があるから。
そして4月から託児所の施設が新しくなるのでその説明会。今まで託児所は普通の一軒家を使っていたのですが、手狭になったので保育園のような立派な建物を新しく作ってくれたのです。

dde8aced.jpg
すっげ~

ホールは天井がすごく高くて気持ちいい!こんな素晴らしい建物になったし、なによりも保育士さんも申し分なし、お友達もできたので保育園への転園はしなかったのです。
f5671bac.jpg


式の最後に、みんなでお歌を披露。3歳児のクラスはきちんとお辞儀をして、振りを付けて大きな声で「どんぐりころころ」と「どうぶつへんにいこう」を歌ってくれました。sunを含む1歳児達はパパ・ママ同伴で前に出たものの泣いたり、勝手に歩き出したりダッシュ
しっかりした3歳児達をみて1歳児のママ達は口々に「すご~い」と。あと2年もすればあんなにしっかりするんですねぇ…と隣のママと話してしまいました。

しかし、今回驚いたのはみんなおめかしをしていたと言うこと。私は「進級式だし~」なんて思いつつ一応おろしたての服を着せたんだけれど、他の子たちは女の子はワンピース、男の子はネクタイをしてきた子が多かった!そして親もスーツ…私達みたいに夫婦してジーンズというところは他に2・3組だけ…困ったら、来年はもう少しまともな服で親子共々参加します。

796ab6c4.jpg
よいしょ

これが託児所のめだま施設「木の砂場」。sunも楽しそうに遊んでました。が、ここでも木のボールをボイボイッと投げる始末。他の親がいる中、sun父と2人で「ダメ~ッ怒」と大きな声で叱っていたのでした…。

d926a9d4.jpg
ごめんなちゃい


今日は託児所のみんなと記念撮影もあったし、託児所での様子も知れたし有意義な一日でした。施設が新しくなったので今年から発表会もあるんだって。ますます託児所に期待しちゃうよ、私。



at 20:52|PermalinkComments(6)

2006年03月14日

託児所の子たち

昨日からまたお腹の調子が悪くなり(トイレに数分おきで通う始末…困った)、ブログをお休みしてしまいました。今も何か食べるとお腹が痛くなりますが、食欲は出てきました力こぶ
あやねちんもお腹の具合が悪かったようだし、託児所の先生の話だと今年小学校の学級閉鎖はインフルエンザの他に、お腹に来るカゼのせいだと話していました。みなさまもお気をつけくださいませ。


さて、託児所の話。託児所には、産休明け~小学2年生までの子どもがいます。
私やsun父が行く時間帯は、ちっちゃい子どもばかりなんだけれど「ほほぅ…」と感心することがいくつかある。
例えば、子ども達の記憶力。私がお迎えに行くと、どんなちっちゃい子(ただし、しゃべれる子)でも指さして「あっsunくん!」と言ってくれます。sun=私という図式が彼らの中にはできている。しかし、私は数人の子どもの顔しか覚えていない…困った

今日お迎えに行くとかわいい男の子が「sunくんのお母さんだ!」と。そして「あっちにね、sunくんいるよ」と教えてくれる。ぎゃ~可愛いラブ
そしてsunに私がおいでと言ったら逃げるのを見て、その子はわざわざ抱えて連れてきてくれた。
さらに園バッグやコートを他の子たちが触ろうとするのを身体を張って防いでくれた(別にコートを触ったりするのは全然構わないんだけど)。

その子にお礼を言って年を聞いてみたら3歳だって。3歳にもなると、こんなにしっかりするんだね。
そういえば、この男の子が託児所の子に顔を引っ掻かれたときお母さんに一生懸命説明してた。その時のお母さんの、この子とのやりとりが実に見事だった。
やっぱりしっかりした子を育てるには親の力量が問われるのね。私も見習わなければ。

dcc62141.jpg
bc02a454.jpg
3eec8ebb.jpg
a9c2d3ea.jpg
最近一番のお気に入りの積み木。
どんなに機嫌が悪くても、泣いていても積み木さえ出せば元気になる。
ホントはネフ社のが欲しかったんだけれど財布が厳しいのと、
sun父がまだこういう単純な方がいいよと言ったのと、
託児所の積み木と似ていたのと、なにより安かったのでこれにしました。


at 19:43|PermalinkComments(2)