2014年04月05日

手術しました

今日、ソルは足の手術をしました。
右後ろ足の小指がなくなってしまいました。

経過を追ってみるとこんな感じです。

先月、ソルは嘔吐・下痢が止まらず(ラグマットが汚れまくり、新しいのを購入せざるを得ないほど…)、受診したところ「急性膵炎の疑い」と言うことでした。
そのときに、以前から経過観察していた右後ろ足小指側の肉球のすぐうしろにできていたプニュプニュしたモノを穿刺してもらいました。何か悪いモノで、今回の嘔吐下痢の原因だったら…と思ったからです。
そのときの結果は「悪いモノは見つからない」と言うことでした。

その後、穿刺した傷口がゆっくりゆっくりと広がってしまい、プニュプニュが顔を出してしまいました。
そのため出血がたびたび起こるようになってしまいました。ソルは痛がることもなく、なめることもなかったのですが、出血量がひどくなってきたので、先生と相談し切除してもらうことに。

今日、お昼に連れて行ったところ「小指も一緒に切除します」と言われてしまいました。動揺してしまった私たちですが、小指に腫瘍(腫瘍なんですよね、プニュプニュは…)が癒着しているだろうから、と。幸い、今後の生活には支障はない、とのことなので安心しましたが、術後見せてもらった腫瘍と小指にはちょっとショックでした。
ヘリオスのガンの塊に比べたら、悪そうには見えなかったし(ヘリのは素人が見てもこりゃ、悪いヤツだと思ったのです)、きっと大丈夫でしょう。
先生が生検に出してくださって、結果はあとから連絡が来ます。
どうか、悪いモノではありませんように。

そうそう。
ソルは帰宅して、ごはんも食べて今はグウグウ寝てます。
抜糸の時にまた威嚇しないといいなぁ。本当に困ったじいちゃん犬です。
 

apoherisol at 21:07│Comments(0)TrackBack(0)アポロとヘリオスとソル 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字