2013年02月27日

たくさん歩いたよ〜

入院中、先生に
「一度オシッコをするためにシーツまで歩きましたが、それ以降まったく動きません。食欲もありません。その後、オシッコも立つことはなく寝たままでしてしまいました」と言われました。
先生が心配はあるけれど、帰宅したら食べるかもしれない、歩くかもしれない、からと退院を許可してくれました。

退院した月曜。オシッコのために一度立って歩きました。でもそれっきり。食欲もほとんどなし。薬を入れたら見向きもせず。
それでも夜中にもう一度あげたら半分食べました。
でも、そのご飯とは療法食大さじ1杯をぬるま湯で溶いてどろどろにしたごくわずかな量です。 
あんなに大好きなご飯が食べられないのか、と思ったら悲しくなってしまい…

火曜。やっぱり食べない。オシッコもしない。不安だったけれど、仕事に出て、昼に様子を見に帰ると。
うんちとおしっこをしてた!!それもちゃんとトイレシーツに!!!!
かなり嬉しくて、ソルはうんちを踏んでたけど(苦笑)、嬉しくて怒りも起きず。
夕方に先生に電話して報告したら「うんちがでたのは腸が正常に働いていることだから、すごく良いことですよ」って。で、その晩からご飯も食べるように。
夜も痛みがひいたのか、前日はピーピー鳴き通しだったのが嘘のように熟睡。いびきまでかいてるしw

そして今日。帰宅してビックリ。歩いて出迎えてくれました。
おしっこもちゃんとできてた。少しヨロヨロしてるけど、ほぼ普通に歩いてます。
食欲は完全に戻ってます。でも先生の指示でたくさんあげられません。もちろんお水も少しずつ。
そうしないと再発するから。
食べたいのにーーーっ!!って怒ってるのは分かるんだけど、心を鬼にしてます。
あまり元気が出すぎてピョンピョン今までのように弾んで歩くと、怖いので興奮させないようにしてます。

明日はもっと良くなっていますように。

余談ですが、ソルを迎えに行ったとき、寝ながらでもブンブンしっぽを振ってくれました。
嬉しくて「しっぽ、振ってくれるんだね♪」とsun父と言っていたら、先生が一言。
「ボクには振ってくれませんけどね」・・・・・・。
先生、ごめんなさい。 

apoherisol at 21:47│Comments(4)TrackBack(0)アポロとヘリオスとソル 

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by sun母   2013年03月01日 20:52
>バーバMIKOさん
いや〜、こんなに目に見えて良くなるとは思わなかったので、嬉しい誤算です。
でもここで気を抜かないよう、気を引き締めて見守り続けないとダメですね。

わんこが食欲がないのって、見ていて本当に辛いです。
先犬ヘリオスの時は死ぬ数日前まで食べてくれていたので、食欲がなくなるというのは、私にとって恐怖でもあります。
とはいえ、ご飯よこせ〜腹減った〜、攻撃にも困っていますが。

お孫さんが4人ですか〜
賑やかですね。
訳ありの原因もちらっとブログに書いていたことと関係あるのでしょうね、きっと。
孫か〜
私に孫ができる日は来るのでしょうか。
なんて、息子まだ小2ですから、まずは彼女ができるかを心配しないと。あ、まだ早いかw
3. Posted by バーバMIKO   2013年03月01日 18:55
ソル君、快方に向かってますね!
良かった、良かった~

食べようとしなかったのは本調子でなかったからなのでしょうね。
食欲が戻ってきたので一安心♪
でも、まだまだ安心は出来ませんね。
胃の位置が落ち着くまでは気をつけるようでしょうから・・・

早く抜糸も済んで、思いっきり遊べますように!

sun君も大きくなった事でしょうねぇ♪
私も孫が4人になりましたよ~
訳ありで、実質3人なのですけどね(汗)
2. Posted by sun母   2013年02月28日 21:33
>ゴルママさん
もちろん覚えていますよ〜
先生の所に行くと「ゴルママさん、いないかしら」なんて思っています。

ご主人、大変な目に遭われましたね…
献血。怖いですよ〜
今は、高校の敷地内での献血はほとんど行われていないようです。私が高校生だった頃は当たり前だったのに。やはり、貧血などのトラブルがあって行わなくなっているようです。
善意がこのような形になってしまったのはやりきれないですね。
献血の危険性もしっかりとアナウンスして欲しいと思います。きっと他にもトラブルはあったはずです。

ワンちゃん達も元気そうで良かったです。ポポちゃんの分離不安は少しは良くなりましたか?

ソルは今日も元気です。
「もっと食わせろ〜」攻撃を受けています(苦笑)。
知り合いの方のわんこ、かわいそうでしたね。
色々調べたら、胃捻転は夜に起きやすいので、翌日連れて行こうと思ったら死んでしまった、ということが多い、とありました。
我が家もギリギリでした…病院が閉じる1時間前に連れて行ったので。不幸中の幸いってこういうことを言うのでしょうか。

ソルの日に日に良くなっていて、今の心配は抜糸のことです。
また暴れるなぁ、とダンナと話してます…
1. Posted by ゴルママ   2013年02月28日 12:28
こんにちはー
覚えててくれて嬉しいゴルママですー
ウチも色々とありましたーウチのお旦那さんも仕事忙しいのにやらかしてくれましたー
仕事中、献血車が会社に来て、少しでも役にたてるなら、と思ったのか?献血中に腕の神経に注射針刺されてしまい、神経損傷しました

それから、かれこれ、3年、未だ治らず、最終的に
病院の先生から、治りませんといわれてしまいました、先方との話あいでだけで、もう私はかなり疲れましたー、結局生涯にわたって、先方持ちの治療となりました、障害給付金?めっちゃ安いんです、
もう起きてしまった事なんでしょうがないですけど、なんだかやり切れない気持ちです、
働き盛りの主人じゃなく、私だったらよかったのにとか、思ったりしてます、

ワンコ2匹、ゴールデンとシェルティーは元気です、ただ歳も一歳違いで、シェルティーがシニアになったので、7才です2匹ダブルで何かあればやばいなーと思ってます。

ああ、私の事ばかりはお話してすみません
ソル君少しずつですが、調子よくなってるみたですね、頑張れ!

自宅から病院が遠く感じるのわかります、うちからアポソル君行ってる病院も微妙に遠い、と言うか、ワンコ具合悪い時に限って、渋滞ぎみになるんですよね、ほんと心臓に悪いですよね、でも今回のSUNお母さんの行動は正解でしたね、やはり具合悪そうだったら、すぐに病院ですね、知人のうちで飼ってたワンちゃんも夜うずくまってるなと思い、明日病院連れてこうと思い朝、起きたらワンちゃん天使になってました、まさに胃捻転です、やはり相当自分せめてしまってましたけど・・・

とにかくソル君も少しずつ体調回復しますように!アポロ君も

コメントする

名前
URL
 
  絵文字