2011年03月14日

お見舞い申し上げます

震災に遭われたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。
1日でも早く元の生活に戻れることをお祈り申し上げます。

私の学生時代の親友が仙台におりますが未だに連絡がつきません。
同僚のご実家は陸前高田ですが、家屋は波に全てさらわれたようで、今もご家族やご親戚の方と連絡がつかないと憔悴した様子で教えてくださいました。

神様は意地悪です。
どうしてこんなことを引き起こすのか。

apoherisol at 17:03│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

4. Posted by sun母   2011年03月14日 20:22
>ロモさん
ロモさんも阪神大震災を経験されていたのですね。大変でしたね。
私は奥尻の震災の時は、北海道の東に住んでいたので今回の地震が経験した中では一番大きな地震だったと思います。

大事なご友人と連絡が取れない気持ち分かります。
友人には落ち着いたら連絡頂戴ね、とメールしました。とは言えやはり心配で…
お互い友人が無事だと良いですね。
3. Posted by sun母   2011年03月14日 20:19
>お嫁ちゃんさん
ありがとうございます。
津波が来た街ではありましたが、わが家はみな無事です。お嫁ちゃんさんこそ体調はいかがですか?

いえいえ。
どちらが大変だったか、だなんて。
どちらも大変な災害です。阪神大震災もとても大きな被害が出ましたよね。あの時はTVの前で涙を流すしかできませんでした。

遠くに住んでいても何か出来ることがあるのかも知れませんね。できることでのお手伝いをしたいと思います。
2. Posted by ロモ   2011年03月14日 20:02
なんて書けばいいのか解らないくらい酷い状態ですね。
阪神淡路の地震を経験した私でも想像が出来ないくらい酷いです。
実は仲良くしているブロガーさんと連絡がついていません。
メールなんてしている場合じゃない、携帯はなくしたのかな?と思いながらも
安否が解らない今、心配しています。
san母さんのお友達も落ち着いた頃に連絡がとれたらいいですね。
本当、どうしてこんな事に・・・
1. Posted by お嫁ちゃん   2011年03月14日 18:45
東日本に位置する北海道の母さんへ。

母さん一家が無事とわかって安心しています。
私は阪神淡路震災で被災しましたが、今度の震災は桁違いです。
どうか、ひとりでも多くの方が救われる事、早くご家族と会える事、被災された方に救援の手が届く事を御祈りしております。

遠く離れた地からではありますが、一緒に頑張っていきましょう。私は社会福祉士です。喫緊の医療の後に必ずお手伝いできる事があるはずです。母さん、必要ならば遠慮なくご連絡下さいませ。
又、来ますね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字