信じられないけれどお骨

2008年11月27日

ちっちゃくなっちゃったね

5299b4d0.jpg

さっき、火葬から戻りました。
最後のお別れはやっぱり辛いですね…

昨日、別なペット霊園から「1日おくと大きい犬だとニオイがしますよ」って言われました。確かに今朝は少しニオイがしたけれど、全然嫌じゃなかったです。

火葬する前に、家でしていた鼻栓を取ったら、血が出ていました。ショックでした…死ぬってこういう事なんだよね。

お線香を立てて、合掌して、最後に撫でてあげました。
最後までツヤツヤでフカフカの自慢の毛でしたよ。病死とは思えないくらい。

葬儀場の方は1人でヘリを運べると思ったらしいのですが、ムリでした(笑)
「今までで一番大きい子です」って言われました。
骨箱にも入るかどうか不安だったようでしたが、きちんと収まって、係の方が一番ホッとしていました。
のど仏もしっかりきれいに残っていました。
お骨を拾って、家に戻りました。
「ヘリオスちゃんは熱い思いをしたので、帰ったらお水をあげてくださいね」って言われました。
大きな写真ももらいました。
嬉しかったです。

骨箱に入りきるか不安だったというヘリオスだけれど、すごくちっちゃくなってしまいました。
家の中もガラーンとして。広々です。寂しいね。

でも、お骨になってしまったら少し、スッキリしました。諦めがついたというか。不思議なモノです。

昨日の夜、私は頭痛がひどくて早めに休みました。
夫は一段落ついてホッとしたのか、疲れたと言って今少し、休んでいます。
寝込むと言うほどではないけれど、やはり精神的ダメージって大きいですね。
覚悟していてヘリオスの死だけれど、やっぱり辛いことには変わりありません。

at 12:37│Comments(10) アポロとヘリオス 

この記事へのコメント

10. Posted by sun母   2008年11月28日 18:51
>ちーずさんへ
こんばんは。
カバーも一緒なんですね。希沙良くんとはなんでも一緒ですね~
火葬は辛かったです。特に「これで良いですか?最後ですよ」なんて言われちゃうとね…ついつい撫でちゃって。それも泣きながら。もうどうにも止まりませんでした。
私の場合、その後控え室で夫とヘリの思い出話とか色々してました。何故かBGMがNHKの子ども番組の歌ばっかりで「なんでこの曲なんだろう?」とか話したり。すっかり和んでました…冷たいですよね。
ちーずさんには本当に助けられたんですよ。辛いことを思い出しながらもこれまでのご経験を細かく伝えて頂いたおかげで、ヘリが寝たきりになったとき、覚悟を決めたんです。あと2週間だ、と。
2週間には届きませんでしたが、おかげで冷静にとまでは言えませんが、ひどく取り乱すこともなくヘリの死を受け入れられました。不安を感じた事なんてありませんでしたよ。どうか気になさらないでくださいね。
メモリアルペンダントをつけていらっしゃるのですね。
わが家はどうしようかな、と考え中です。
のど仏を入れられるステキな入れ物を物色してます。
9. Posted by ちーず   2008年11月28日 00:42
こんばんは
ヘリ君、希沙良とおそろいの骨壷カバーですね。ほんとにちっちゃくなってしまうものですよね。今までは抱っこなんて出来なかったのに、簡単に抱っこ出来ちゃいますもんね。
火葬って辛いですよね…私は火葬に連れて行くのと、火葬している時が一番辛かったです。亡くなった時は状況を案外受け入れていたのですが、火葬はねぇ{悲しい}炉の前でずーっと泣いてました。
うちも喉仏はきれいでしたよ、腰らへんの骨はボロボロでした。緑色にもなってたし…頑張ってたんだなぁと思いました…
希沙良もね、毛もフサフサだし、きれいな死顔だったから、ヘリ君もさぞや、ツヤツヤ、フカフカだったんだろうなぁ~
病魔と闘っていたと思えない姿、最後は苦しまなかった、介護…出来る限りのことはしてあげたと思えるところ、ほんとに最後までおんなじですね…家が広くなっちゃたりとか、悲しくて辛いのに、納得しているとか、
私の思っていることが代弁されている!!不思議な繋がりですね。
希沙良のことが参考になったと言ってもらえてほんとにうれしいです。
余計なことを言って不安を与えてしまって、申し訳なかったと思っています。でも、ヘリ君を応援することや、こうやってブログにお邪魔したりして私は元気をいただいております{ウインク}
ちなみに、人それぞれ考え方にもよりますが…
職場の子がメモリアルペンダントをくれたんです。希沙良の名前を入れて…そこにお骨を入れて肌身離さず付けてます。私は、一緒に居れるのでとても気に入っています。
8. Posted by sun母   2008年11月27日 22:16
>サララさんへ
ただいまです。
合掌してくださりありがとうございます。
ヘリオスはこうしてたくさんの方に死を悼んでもらえて、幸せな犬だと思います。
年越しをしたいという夢は打ち砕かれてしまったけれど、私の最後の願いであった痛みがひどくならずに逝けることだけは叶ったようです。
私達のことを思って涙を流して頂いて申し訳ないです。
たくさん泣きました。たぶん、まだ泣き足りないと思います。ヘリの水とフードを変えるときも実はまだ涙が出ます。天国でたくさん食べられているよね、とか考えてしまうと。
元気だった頃の写真、飾っているんですけど辛くて直視できない時もあります。
もう大丈夫、って言う気持ちの方が勝ってはいるのですが、まだまだ寂しいな、と言う気持ちもやっぱりあります。そう簡単には気持ちって切り替えられないですもんね。
でも精一杯のことをした、という気持ちだけは間違いなくあります。自惚れかも知れないですけど(苦笑)
こちらもそうですが、サララさんがお住まいの所も寒くなることでしょうね。どうぞご自愛くださいませ。
7. Posted by サララ   2008年11月27日 21:55
お帰りなさい。
パソコンの画面上からですが合掌させてくださいね。
ヘリオス君はとっても幸せ者でしたね。
愛情あふれるsun母さん家族のもとで暮らして。
最後が穏やかに虹の橋へいけたのですね。
すごく、すごく悲しいですよね。
キーボードを打ちながらsun母さんの家族の気持ちを思うと涙が出てきます。
いっぱい いっぱい泣いて 
元気になってくださいね。
ヘリオス君 これからは、元気いっぱいお友達と遊べますね。
Sun母さん、これからますます寒くなるので
体を大事にしてくださいね。
ご冥福をお祈りしています。
6. Posted by sun母   2008年11月27日 20:55
>横丁かーさん様へ
ただいまです。
コメントありがとうございます。
そして応援ありがとうございました。
何度も読み返して頂いたんですね。
>また赤ちゃんの時に戻ったんだね
ジーンとしました。おっしゃる通りですね。赤ちゃんに還ったんですね…
そして天国で遊んでいるのでしょうね。痛かったことも忘れてくれていると良いなぁ。
我々家族だけではなく、皆様からの気持ちを抱いて旅立ったと思います。
何処までも幸せな子でした。
5. Posted by sun母   2008年11月27日 20:50
>JJさんへ
ただいまです。
寂しいですよー!!辛いですよー!!
でもね、皆さんから励まして頂いたり、優しい言葉をかけて頂いたいるので、すごく癒されています。ありがとうございます。
ヘンな感じなんですけど、寂しいんですけど、その一方で充実感もあるんです。不思議でしょう?やるだけのことはやった、と言うヘンな自負があるからなのでしょうか。
ヘリが最期苦しまなかったから、というのも大きいと思います。
ヘリオスは本当に良い子です。世界一です(笑)
ヘリオスはお空から見守っていますよ。そして「まだこっちに来なくて良いよ~!!」って病気のお友達に言っていると思います。
ムリ、しないですよ~!!大丈夫です。たくさん泣いてスッキリです。まだまだ泣くことは多いと思うけれど。ガマンはいけないですもんね。肝に銘じておきま~す!!
4. Posted by sun母   2008年11月27日 20:44
>ゴルママさんへ
ただいまです。
ヘリが空に昇っていくときは雨は降りませんでした。昨日、天気予報を見たいとき雨だったので夫と「涙雨だね」と言っていたのですが。
亡くなった昨日も晴れだったので「ヘリは晴れ男だね」って話していたんです。
帰宅してしばらくしたら雨でした。
きっと空を走り回って疲れたヘリのヨダレだったんじゃないかな(笑)
ポポちゃん&コニーちゃんと遊べたら良かったですね。
頭悪いだなんて、そんなこと言わないでくださいね。
優しいゴルママさんのお気持ち、本当に嬉しいです。
明日は仕事へ行きます。久々です…やばいなぁ。土曜は息子の園もお休みなので少しゆっくり休みたいと思っています。
3. Posted by 横丁かーさん   2008年11月27日 20:22
お帰りなさい。
昨日ヘリオス君の事を読んでから・・・
何とコメントしたら良いのか・・・悩んで
何度も読み返してはキーボードを打てませんでした。
我家の子が旅立ち煙となって天高く昇っていった日、帰り道
小さな箱に入ったわが子を膝に抱いて帰って来た日、
「また赤ちゃんの時に戻ったんだね」と箱に話しかけて、
ギュっと握り締めていた事を想い出しました。
きっと家族の沢山の愛情を持って虹の橋へ
と旅立ったと思います。
sun母さまも心と体をゆっくり休めてくださいね。
ヘリオス君、安らかにおやすみなさい。
2. Posted by JJ   2008年11月27日 14:50
お帰りなさい。
sun母さん、辛いね、寂しいね…。
でもヘリオス君の最期が、穏やかだったようで本とによかったと思いました。そして何よりsun母さんたち思いの良い子だなぁ…って。
小さくなってしまったけれど、ヘリオス君の存在はずっと大きなまま、残してくれたもの、教えてくれた事、沢山ありますね。私もヘリオス君にはいっぱいいっぱい感謝してます。
ヘリオス君、これからもずっと皆を見守っていてね。
sun母さん、もう無理しないで泣きたい時はうんと泣いて、心も身体も休めて下さいね。
1. Posted by ゴルママ   2008年11月27日 14:01
おかえりなさい、
仕事から帰ってきて真っ先にここにきました、
雨降ってきましたね、
お空も泣いてますね、
我が家にもゴールデンのポポと、シェルティーのコニーがいるので、ヘリオス君と遊んでほしかったです、
きっと仲良しになってたなと思います、sunお母さん、こうゆう時って何書いたらいいのかほんと、頭悪くてわからないんだけど、ゆっくり休んで下さい。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
信じられないけれどお骨