片足あげシャークラー

2008年09月20日

診察でした

腎臓の状態を確認するために診察を受けてきました。

前回の数値より良くなっていたので、5回目の抗がん剤治療を受けられることになりました。来週の土曜にする予定です。

しかし、ヘリオス。
体重が増えました…46?台になってしまいました。
病気が分かってから体に悪くないだろうと思われる食べ物を「最後くらい良いよな…」とあげていたことが悪かったのかな?
先生にも笑いながら「食欲、あるんですよね」と今回も確認されたし。
当然、「はい、すごくあります」と答えた自分。

足については、関節炎によるもののようです。

ただ、先生は「イヤなことを言うけれど」と前置きをして「移行上皮癌は元々発症した場所の他、肺・脳・脊髄に転移しやすい。脊髄に転移した場合は立てなくなってしまうので注意していてください」と。

歩けなくなってしまうと、ヘリのような超大型犬は命取りだろうな…
脊髄だけには転移して欲しくないです。

at 21:15│Comments(8) アポロとヘリオス 

この記事へのコメント

8. Posted by sun母   2008年09月24日 19:48
>JJさんへ
こんばんは~!!
合い言葉は~年越し!!で行きましょうね♪
ここ数日は痛い様子は見られないんですけれど、ヘリオスがだましだまし歩いているのかも知れません。
足が痛いのにもかかわらず、家族が帰ってくるとドスンドスン(苦笑)と跳ねて喜びます。これが良くないと思うんですけどね…
好きなモノ…うちの先生は厳しくて、ドライフードを食べさせること、おやつはダメ!!って方なので、それにずっと従っていました。なので、たぶんヘリは何でも喜んで食べるんだと思います。
私が車を買ったところの社長さんはラブを飼っているのですが、ラム肉が良いよ~と言っていたので癌が分かってからはラムを食べさせていました。食いつきの良いことったら!!北海道は普通にラム肉が売っているので手頃です。
モクちゃんだけではなく、病気と闘っている子たちの食事は気を遣いますよね。
私も気をつけたいと思います。土曜日に5回目の抗がん剤をするので、その時までに体重が少しでも減っていると良いんですけど。
ホント、こうして色々な方に出会えてお互いに情報交換も出来て、励まし合えてってすごく良いですよね。
分からないこととか、不安なこととか、嬉しいこととか、そんなことを記事のupのあるなしにかかわらず、情報交換が出来たらいいですね~
また明日も頑張りましょう!!
7. Posted by JJ   2008年09月24日 15:41
こんにちは、sun母さん!
年越しを目標に… と言う言葉に思わず「おー!!」と声を出しそうになりました。
ヘリオス君の関節炎はどうですか?やはりちょっとでも体重が増えると負担になるものね…。でも美味しい♪って顔を見ると嬉しくなってついつい…ですね~。ヘリオス君の大好物は何ですか?
モクも肝臓の数値が高くなって、食事すること自体に負担がかかると何かで読んで、気をつけないとと思っては3日坊主です^^;。
今日は又病院の日で、洗浄と肝臓の薬の効き目を診てもらってきます。
monさん、初めまして。
モクの失神、最初、心臓からの失神があったのでそれだと思っていたのですが、どうも様子が違う…と先生に聞いた所、多分神経に何か異常がありのだろうと言われました。モクも数秒ですが、長い時は10秒くらいあるかなぁ…。この数ヶ月、特にひどくなっていないようなのであまり気にしないようにしていますが、回数が多い日などはすごく胸が苦しくなってします。あ、モクは13歳のおばあさん(見た目は若い!)です。
尿のお話、ありがとうございます。膀胱壁の細胞は普通でも剥がれてるものなのですね…。
モクは尿道に腫瘍があるので自力排尿できません。尿路変更の手術は最後の最後にと、先生との話で決めたので、ずっと管を通してます。そのせいで膀胱の炎症は仕方がないし、抗生剤も、もっとひどくなった時のために、と今は薬も飲んでいないのでなかなか治らないのかも知れないのですが、本とに目に見えて細胞がボロボロ出ているので、本とに癌細胞じゃないの?膀胱壁の細胞だとしてもこんなに出て大丈夫なの?と思ってしまいます。
モクが癌告知される前、手術に至るまでの3ヶ月程尿検査をしても見つけてもらえなかったので、余計心配になっちゃって…。癌細胞だったとしてもヘリオス君のように抗癌治療していないのでどうする事も出来ないんですけどね…。
おっと!ごめんなさい!また長くなりましたよー。私も一応mixiしてますので又遊びに伺わせてもらいます!
本当に、sun母さんのブログに出会って、皆さんのお話を伺えて、どれだけ励まされてるか分かりません…。ありがとうございますT_T
痛み無く、自分自身で命を全うして欲しい…私もずっと願ってます。
皆で年越し出来るようがんばりましょうね!!おーっ!!
6. Posted by sun母   2008年09月23日 14:04
>monさんへ
そうなんですよ~ある意味、良かったんです。不幸中の幸い、というか…
癌だと分かってからは、体力を少しでもつけておきたいと思って体重管理のフードを止めてしまったんです。それがいけなかったのかな?
ただ今回先生は体重を減らしましょう、とは言わなかったので、シニアフードにしています。足も頻繁には痛がらないのですが、散歩は距離を減らしています。
でも、好きなモノを食べるときのあの顔を見るとね~甘やかしてしまうのです。
大ちゃんもヨーグルトを食べるとき本当に嬉しそうですモノね♪
転移の話、イヤですよね。このまま痛みもないまま、天寿を全うしてもらえればどんな良いことか、と思います。
大ちゃんの尿にも癌細胞が出ているんですね。ヘリもたぶん、そうなんだと思います。
大ちゃんもモクちゃんも暑い夏を乗り越えたんだし、きっと大丈夫ですよ。
次はみんなで年越しを目標にしましょう!!
5. Posted by mon   2008年09月22日 22:48
ふぅ~~ε=( ̄。 ̄;A 関節炎である意味良かったです。
腎臓の方も良くなって、抗がん剤治療への道もまた開けてきたのですね・・良かった。
してあげられることがひとつでも多く残っているということは、希望もひとつ残されているということですものね。
体重管理、この病気を患ってしまってからというもの、なかなか難しいですよね。。
脚のためには出来るだけ減らしておきたいけど、いざ体の調子を崩した時のためには栄養たっぷり蓄えておきたいし・・。
あと、食欲ある今のうちに美味しいもの食べさせてあげたい・・っていう自己満足の気持ちもあったりしてね~。^m^
転移・・・、肺・脳・脊髄かぁぁ。(涙)
どれも嫌ですね・・どれも想像を絶する痛みを覚悟しなくちゃならないんだろな。(〒_〒)正直なところ怖いなぁ・・。
JJさん、はじめまして!
尿中の膀胱壁の細胞は、通常時でも少しははがれているそうですよ。
炎症を起こしたりするとその数も増える・・と聞いた覚えがあります。
ただそれが癌細胞だと、腫瘍自体が大きくなってきているせいと見ることも出来るとか。。
癌細胞は常にボロボロ剥がれているんですって。(だから、どんどん周りに広がって転移したりするんですって・・)
大吉はもう尿中に癌細胞出てきてしまってます。
その時に、この説明を受けました。
モクちゃんの痙攣は軽いものですか?モクちゃんって何歳なのかしら。
大吉は今のところ極々短時間の軽いものなのですが、これが長く続くようになるのかと思うと不安でいっぱいです。
神経症状って、見た目が痛々しいですよね。。TT
でも、これが腫瘍によるものじゃなくて、高齢によるもの(脳疾患には変わりないのですが)かも・・とも思ってます。
人間の高齢の方でたまに小刻みに揺れてる(?)方いますよね・・あんな感じみたいな。^^
4. Posted by sun母   2008年09月21日 19:32
>JJさんへ
こんばんは!!
そうなんです。減ってしまうと体力が落ちるから増えているのはあまり問題視していなかったり…関節には悪いのに。日々反省です。
尿の中にガン細胞が見つからなくて良かったですね。炎症が起きているというのも心配でしょうけれど、癌ではないと分かると安心してしまうんですよね。
肝臓の数値が高いんですね。ヘリは毎回貧血気味と言われています。やはり薬の影響だと言われています。いくつかの項目が平常値ではないと言うことが、当たり前になってしまっています。そしてあまり驚かなくなってしまっている自分。慣れって怖いですね…
モクちゃんも大ちゃんと同じ症状が出ているのですか。ヘリオスもいつかは同じ症状が出るのかも知れませんね。
転移が大事な器官に多いと言われて、くらーい気持ちになってしまったんですが、JJさんのお話を伺って嬉しくなってしまいました。ピロキシカムってすごいお薬なんですね。ヘリオスもあやかりたいです。
鮫軟骨、本当に良いみたいですね。
うちも取り寄せようかな。
色々と情報をありがとうございます。助かります。
モクちゃんもとても頑張っていますね。ヘリオスも負けないように頑張ります。
そして飼い主の我々も負けずに(たまに凹みながらも…)頑張りましょうね。
3. Posted by sun母   2008年09月21日 19:19
>来夢さんへ
太らせてしまいました…
50?をオーバーしたときに先生からダイエット命令(笑)が出たので、体重管理フードに代えて45?まで落としたのですが、ヘリの癌が判明してからと言うモノ、甘い飼い主に大変身してしまったツケです。
ヘリには申し訳ないことになってしまいました。足にも負担がかかるので、昨日からフードを減らしています。
補助具はなかなかないですよね~
抱っこヒモを手作りとはすごい!!
ジョリちゃんをどうやっているのかな?と以前から思っていたのですが、そんな便利なモノなんですね。
今から私も探してみま~す。
2. Posted by JJ   2008年09月21日 15:36
sun母さん、こんにちは。
腎臓の数値が良くなっててよかったです!抗がん治療も続けられるのですね。体重が増えるのもダメかも知れないけど、減るより嬉しかったりしませんか…?元気な証拠みたいで。
モクの尿に小さな血塊や混ざり物が目に見えて増えて来たのが気になっていたので、先日尿と血を検査してもらいました。
先生曰く、モクはずっとカテーテルを通してるので、そのせいで炎症が起きて膀胱壁の細胞が剥がれてる…。癌細胞ではない。
ヘリオス君の先生のように顕微鏡で診てくれてたようですが、膀胱壁の細胞って上皮細胞とは違うのかな…。あまりしつこくもきけないので、癌細胞じゃないなら良かったと思うようにしましたが、3,4日に一度洗浄に通ってもよくならないし、気にはなってます。
あと肝臓の数値がすごく高かった。これもピロキシカムが消化器に負担をかけるからだと思うので様子をみましょう、と言う事で今薬を飲ませてます。
それからmonさんのワンちゃんと同じように、モクも痙攣?失神?するんです…。ご飯を待ってる時やオシッコを気張った後、ウトウトしてる時…。
こけてしまうことは少ないけど1日何回かあります。やっぱり癌の影響かな。脳に転移したら症状はもっとひどくなるらしいので神経かな…と思ってるのですが、はっきりした事はMRIを撮らないとわからないそうです。転移はどこに行くか分からないので怖いですね…。
あ!昨日も膀胱とカテーテルの洗浄をしてもらいに病院に行ったのですが、現在もう一匹膀胱癌で通院してるワンちゃんがいると先生が話をしてくれました。
ヘリオス君のようなとても悪性の強い膀胱癌の子が、手術を1度した後すぐ再発したけれど、ピロキシカムのみで2年頑張ってるって!主人と「コレは報告しないと!」と顔を見合わせました^^。こんな話を聞くと、トンネルの中にも光が差し込みますね。
後、ご存知かも知れませんが、鮫軟骨が関節にも癌抑制にも効き目あるようですよ。モクも関節が弱いので一石二鳥!としっかり飲んでもらってます。
今日もブログされてるsun母さんの何倍も多くコメントしてしまいました。すみません^^;。
ヘリオス君の5回目の治療、無事済むように祈ってます。
1. Posted by 来夢   2008年09月21日 09:33
体重オーバーになっちゃいましたね。
美味しい物を食べつつも量でコントロールが必要かな?
体が大きいから、補助具もその辺では売ってないので、今から探しておくと良いかもしれないです。
抱っこ紐を作っておくと、意外と40キロでも抱えられちゃいますよ。
我が家のジョリも私が抱っこ紐で抱えて2階から下ろしてますから。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
片足あげシャークラー