血尿、治まりつつ結果・2

2008年06月11日

結果

帰宅したら、FAX。
先生からでした。

以下、抜粋です。

「脾臓の病変には異型細胞、悪性所見は見られません」

良かった。あんなに大きな腫瘤だったのに。


「膀胱切除材料は盤状に硬結病変を形成しています。
この部分に高度異型細胞群の浸潤性増生が見られます。
いわゆる硬癌の組織形態を呈する腫瘍で、不整胞巣を形成し、浸潤性の増生を示す異型細胞群です。
腫瘍は筋層を破壊し、漿膜側まで浸潤しており、脈管侵襲も確認され、今後の再発、転移の可能性が高い腫瘍です。
引き続き、排尿、排便状況に注意し、厳重な注意を要します。
また内腸骨/腰リンパ節への転移の有無のチェック等もお願いします」


要するに転移の可能性が非常に高い、もしくは既に転移しているかもしれない膀胱癌でした。
文面からするとかなり進行しているようです。

オシッコの時、踏ん張るのはもう再発しているせいなのかな、と。

はっきりさせるためにお願いした手術。
腹をくくる心づもりも出来ていたはずなのに、
力が抜けてしまいました…

at 19:09│Comments(4) アポロとヘリオス 

この記事へのコメント

4. Posted by sun母   2008年06月12日 19:49
>来夢さんへ
心配ばかりをおかけし、ごめんなさい。
そしてありがとうございます。
少しでもヘリオスが痛い思いをしないで楽しく過ごして行けたらなぁ、と思っています。
まずは散歩の許可が出たら、五稜郭公園にでも行こうかな。
3. Posted by sun母   2008年06月12日 19:47
>JJさんへ
ありがとうございます。
悲しいことは悲しいって言えるようにならないといけないんだなぁ、と思いました。
ガマンしてたらどこかにひずみが出てきてしまうんですよね。
踏ん切りをつけて現実から逃げないで、取り組んで行かなくては、とJJさんのコメントで思い返すことが出来ました。本当にありがとうございます。
モクちゃんもしんどそうですね。
JJさんやご主人のご心痛はいかほどかと思います。
今まで通りに接するのは私もそうですが難しいです。
お互いこれからも励まし合って行けたらいいなぁ、と思っています。
明日もまた、頑張りましょう!!
2. Posted by 来夢   2008年06月11日 23:22
心づもりをいくらしていてもショックは大きいですよね・・・。
これからが大変な闘いになると思いますが・・・できる限りヘリオスくんとご家族が穏やかな日々を過ごせますよう願っております。
1. Posted by JJ   2008年06月11日 21:36
こんばんは。
脾臓の腫瘍は良性だったんだって!良かったなー と主人と喜んだのに… 私も力抜けてしまいました。
弱気なこと言うのはダメかもしれないけど、悲しいものは悲しいです。それでも現実を受け入れて向き合って行かないと前進できないんですよね… モクもよく食べ元気ですが 心臓からの失神回数が薬飲んでるのに増えて来てる気がするし 何となくしんどそうに見える事があるのでどこかにもう転移してるのかと 毎日心配です。でも こっちが この子は癌だ と思ってるから神経質になってしまうのだ、今まで通り接するようにしないと…と しょっちゅう自分に言い聞かせてます。
又お言葉に甘えちゃって長いコメントになりましたが… こちらこそいつもありがとうございます。
ヘリオス君 癌なんか 吹っ飛ばそう!頑張って行こうね!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
血尿、治まりつつ結果・2