慢性関節炎自転車

2008年03月03日

眼圧検査

久々の更新です。

今日、アポロの眼圧検査に行ってきました。

復習と言うことで…

アポロは3年ほど前、緑内障に罹ってしまい、右目を摘出しました。今はシリコンが入っています。幸い左目の視神経は大丈夫だったので、左目の視力だけですが元気に過ごしています。

目に関しては普段お世話になっている所とは違う獣医さんの所へ行くのです。田舎町には本当に珍しい、目が専門の獣医さんなのです。主治医に緑内障の時、紹介してもらいました。

柴犬は特に緑内障になりやすいそうで、アポロは雑種だけれど柴の血がこの時ばかりは強く出ちゃったんでしょうね。

緑内障は90%の確率で両眼に起こってしまうそうなので、左目は毎日点眼しています。そして数ヶ月に一度眼圧を測ってもらうのです。

診察を受けると獣医さんから、「こんなことを言うと怒られそうですが、アポロちゃんの眼は検体として使わせてもらいました。おかげでこれまで日本で言われてきた緑内障の症状とは違うことも分かってきました。東京の獣医師達が緑内障について懸命に研究した発表の事例にアポロちゃんのことも入っています。なかなか飼い主さんからは急性期から慢性期に移ったばかりの時は眼球摘出の同意は得られず、眼が飛び出てきた段階での摘出が多いのです。本当にありがとうございました」と。
実は、獣医さん、私達が行くといつも頭を下げられるのです。
私達はただ単に、アポロが楽になるのは何なのか、獣医さんが薦めるのだから間違いない、と思って摘出に同意しただけなんです。
すごく良い先生です。

アポロの緑内障をただのアレルギーと誤診した、市内で一番大きい病院のバ○獣医とは大違いです。

アポロの右目は今もたくさんの犬のために役立っているのだと思えば、摘出したときは悲しかったけれど、アポロの右目も本望だろうなぁ、と思います。



そして、左目の眼圧は25。若干高めだけれど、興奮していたせいもあるだろうから大丈夫、と言われました。
ほっとひと安心。
今日からまた点眼をしないとね。



ヘリオスも3本足で歩いていたのが本当だったのか?と言うくらい元気になりました。今はサプリメント+ほんの少しの散歩をしています。
そうそう、ダイエットもね。だいぶ効果が表れてきましたよ(笑)

at 17:34│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
慢性関節炎自転車