2007年05月12日

手術

ca6419a7.jpg

水曜日に手術することになりました。
昨日の写真では分かりづらいのですが、腫瘍らしきモノは右臀部に肌色で表面がボコボコ、突起状になっています。長さは4~5?って所でしょうか。さらに先が枝分かれしていてまるで植物のよう。
どうしてこんなになるまで気づかなかったのか?いつも心配で体を触っていたはずなのに…と悔やむばかり。

今日は私とsunが通院だったのでsun父が朝イチで動物病院に連れて行ってくれました。
先生も「この間触ったときには、私も気づかなかった(4月中旬に狂犬病予防接種を受けたときのこと)」と、言ってくださったそうです。
先生がヘリを見たとき「なんだこれ?」という反応だったらしい。先生も診たことが無い代物。
「見た感じ悪性という感じではない。もともと皮膚は平らにできるモノだけれど細胞に異常が起きて盛り上がっているだけなのかも知れない。突起は狭いところから出ているので広範囲に渡るモノではないでしょう」とのお話し。
そして「根の部分からすべて切除した方が良いと思うが、どうですか?」と聞かれ「取ってもらうことを覚悟してきたので…」と話しました。
先生も「先に病理検査をすると、傷口をヘリオスが舐めてしまい悪化するとまずいので、水曜日に手術しましょう。その時に病理検査も行います」と。

ただ、ヘリオス、大きいので手術しても泊められないので、夕方に迎えに来て欲しいと。
そんなわけで私、仕事が終わったら迎えに行きます。
どうか、良性でありますように。そして麻酔事故になりませんように。
ヘリ、初めての手術に耐えるんだぞ!


at 12:27│Comments(0)アポロとヘリオス 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字