ヘリオス、食べた!ガード

2007年02月05日

ヘリオスの食べ姿

食道拡張症(疑)のヘリオス、こんな格好で食べています。
人間は重力の関係で食べると下に食物は落ちて胃に入るけれど、4つ足の動物は食道の蠕動運動で胃に食物が移動するのだそうです。しかし食道が広くなってしまうと蠕動運動がうまくいかず、食べたくても食物は胃に入らずゲーッと出てしまうのだとか。これは嘔吐と言わず、吐出というのだとネットで調べて知りました。
そして食道拡張症がどんなに恐ろしい病気なのか、ということを書いているブログやHPが多いこと。1年間闘ったけれど天国へ逝ってしまった、なんてのもありました。

ヘリは痩せてきたけれど元気もあるし(今でも私やsun父の車の音を聞くと吠えて喜びます…近所迷惑だけど)、食欲も十分。
フードも最初は数十gだったのから今では一度の食事に1缶(200g位?)を食べさせても吐かないようになりました。とはいえ、本来なら1日に5缶は食べても良いのですが、今日は2缶だけ。明日は3缶にしてあげようかな、と思っています。

そして何よりも食に対する情熱のすごさ。初めの日はテーブルに置いたのを自ら食べようともしなかったのに、夕食は自分から食べられるようになりました。私にとってもすごく楽です。だって私1人しかいないときでも食事をあげられるから。

ただ、一生この姿勢で食べなければならないのかも、と思うと不憫です。ただでさえ、腰も良くないし、先日のX線でヘルニアっぽい症状があると言われたし。
週末に先生に聞いてずっとこのままの姿勢で、と言われたら夏の旅行はキャンセルしようと思っています。
旅行は20年後でも30年後でも行けるしね。今はヘリのお手伝いをしてあげないと。

帰宅したとき、ヘリの吠え声が聞こえるか毎日ドキドキしているのです。近所迷惑だけど。
5ee93897.jpg


at 20:03│Comments(2) アポロとヘリオス 

この記事へのコメント

2. Posted by sun母   2007年03月11日 16:19
アステカさん、はじめまして。
リンクもして頂いてありがとうございます。
ブログへ早速遊びに行ってきました。ティアラちゃんも同じなんですね…
とはいえ、うちのヘリオスのその後についてupしていなかったので先ほど付け加えたのですが、診断は確定ではないんです。ただ、まだ疑いは続いているのですが。
今もフードはお湯でふやかしてあげていますが、立たせなくても吐出はしなくなりました。
体重も44?で落ち着いているようです。以前に比べるとゴツゴツしているので私としては不憫なのですが、適正体重なのかも知れません(バニにしては大きい方なので)。
巨大食道症のお友達がたくさんいるのを喜ぶわけではありませんが、とても心強いです。これからもどうぞよろしくお願いします。
ティアラちゃんのお世話も大変でしょうが、お互いワンコのためにお手伝いしていきましょうね!
1. Posted by アステカ   2007年03月11日 14:54
はじめまして。アステカと申します。
ヘリオスさんも巨大食道症なのですね。
我が家のティアラ(コーギー♀)も巨大食道症で
もうすぐ2年が過ぎようとしております。
最近では吐出も少なくなってホッとしてますが、
肺炎とは常に隣り合わせの状態。。。
油断はできませんね。ヘリオスさんの体重は安定しましたか?
ティアラと違ってヘリオスさんは大きいから
食後の抱っこというか、立たせも大変でしょう。
これからも可愛い愛犬のためにお互い頑張りましょう。
私のブログでは、巨大食道症の子達のリンクがあります。
是非、リンクさせてください!
何か情報交換などできればと思います。
それから、巨大食道症のアンケートというのもあります。
こちらもご協力いただければと思います。
どうぞよろしくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ヘリオス、食べた!ガード