2013年06月

2013年06月01日

どうしたら

今日、アポロを連れて病院へ行ってきました。
体重が全開よりも1㎏以上減っていて10.2㎏。
ピーク時より6㎏減りました。

とうとう先生から「安楽死」という言葉が出てしまいました。
先生の言うことは理解できました。
食べたいのに口が開かなくて食べられないのはアポロにとっては
とても苦しいこと。

そう。それは分かる。

でも今は元気に見えて散歩も張り切って行くし、食べるときは食べる。
水も自分で飲むことは少なくなってきたけど、食器から飲むことだって
できてる。どうしてもダメなときはシリンジを使ってあげれば
口からこぼれるけど、飲めてる。
うんPもおちっこもちゃんと出てる。
ソルがくしゃみすればビックリして飛び上がるのだって、病気になる前と
全く同じ反応。
目だってまだ見えてる。

だから、イヤなんです。
安楽死。

先生も今すぐではないけどって言ってたけど。

他にも
・ノドか胃に穴を開けてチューブを通して栄養を与える方法
・咀嚼筋を切断して口を開ける方法。ただし、加減が難しく、
 切りすぎると口が全開しっぱなしになる。
 切ってしまうと口は閉じなくなってしまいます。

の2つが提示されました。

ただし、アポロの口が開かないので、手術中のどにドレーンを入れられないのは
どうしたらいいのかが問題。
結局、口が開かないのは手術をするにもネックだそうです。
気管に穴を開けて手術をする方法もあるそうですけど…
でも今のアポロでは手術中に落命する可能性もあるとのこと。

どうしたらいいのか。

とにかく、シリンジを使って栄養と水分を与えて体重を維持・増加させるしかないのかな。
今晩のごはんはしっかり食べてくれました。
でも足りないかもしれないので、あとでチューブダイエットをシリンジで上げてみます。

不覚にも病院で泣いてしまいました。
ヘリオスの時は泣かないでがんばれたのになぁ… 

apoherisol at 20:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)アポロとヘリオスとソル