2013年04月

2013年04月06日

咀嚼筋炎

今日は狂犬病の予防接種のためにアポロとソルを連れて先生のところへ。

まずはアポロから、ということで診てもらったのですが、体重が12キロと減っていて、薬のせいもあるんだろうけれど、と言う話からアポロの食べ方・飲み方が弱っていると言う話になり。

それで、アポロは「咀嚼筋炎」に罹っている可能性が高いと言われました。
初めて聞く病名なのですが、これは自己免疫疾患なのだそうです。
柴犬に見られるそうです。アポロは何の雑種なのかは分かりませんが、和犬の血は間違いなく入っている感じなので、なってもおかしくないのでしょうね…

アポロは、クッシング症候群だし、甲状腺も悪いし。これはみんな自己免疫疾患。
だから咀嚼筋炎になっても不思議ではないらしい。

でもね、飲んでいる薬が多すぎるし、今回出してもらうステロイド剤は、クッシングの治療薬と相反する効き目だそうで。
とにかくクッシングは面倒くさい。前回痙攣を起こしたときも、夜間救急の先生は「クッシング」と聞いたたけで薬を使うことをすごくためらっていました。
だから今回も先生はすごく悩んでいたけれど、このまま口動かなくなって食べられなくなったり、体温調節ができなくなることは、命に関わることだからということで、治療方法を考えてくれました。
今は良いんだけど、暑くなったら熱中症になってしまう。そうなったら…と。

救いなのは、めっちゃ食欲があること。
なので、今日はふやかしたフードから、さらにランクアップして、ドロドロのごはんにしました。
ここにきて、ミキサーが大活躍するとは!!
アポロもすごく食べやすいみたいだし良かった~
あとは苦いステロイド剤を騙し騙し食べさせることだけ。

もう、これ以上アポロの薬を増やしたくない。
もう、これ以上アポロの病名を増やしたくない。
はぁぁ。ため息しか出ません。
また来週病院です。

ちなみにソルは「あんた、本当に胃捻転に罹ったの??」というくらい元気です。
でも、トリマーさん達には「よく助かったねぇ!!」と言われました。
胃捻転…やっぱり恐ろしい病気なのですね。

apoherisol at 21:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)アポロとヘリオスとソル