2009年11月

2009年11月27日

おせち

昨日はちょっと湿っぽくなってしまいましたが、今日から平常営業です(笑)

今日、なんとなく見ていた新聞社のサイトで犬用のおせちが発売という記事を見つけてしまいました。

愛犬厨房」さんと言うところのおせち。
22日から注文受付でしたので、間に合わないかなぁ、と思いつつ先ほど見てみたら、なんとか初日発送分に間に合いました。
アポロとソル用に1つずつ。贅沢だわねぇ。
もちろん、ヘリオスにも供えますけど。
初・犬用おせち。どんな感じなのでしょう。楽しみです。

あ、我々用には既におせちは予約済み。
今年は、地元のスペイン料理店のおせちをオーダーしてます。
こちらも楽しみです♪

at 21:19|PermalinkComments(2)アポロとヘリオスとソル 

2009年11月26日

一年

ヘリオスが虹の橋を渡ってから1年が過ぎました。

もう1年。

まだ1年。

どっちでもあります。

ヘリオスのお骨は結局庭には埋めませんでした。
私たちがこの家を去った後のことを考えたら、どうしても埋めることができなくなってしまいました。
ペット霊園にも今年は納骨しないことにしました。
人間とわんこの骨が一緒に納められたらいいのになぁ、なんて考えることもしばしば。
とりあえず、しばらくはヘリオスのお骨は手元にこのまま置いておきます。


実は今日、書くのはやめようかな、と思ったのだ。
泣いてしまうから。今も半べそ。
何度も書いてるけど、ヘリが死んでいるって分かったときの自分の悲鳴、ホントに今でも耳に残ってる。自分の声なのに。不思議だなぁ。
口の中を噛んで出血しているヘリとか、貧血で耳の内側が真っ白だった姿とか。やっぱり思い出せちゃうんです。

でもね、元気だった姿が日を遡って思い出されるようになりました。
去年の今ごろは足もとがおぼつかなかったけれど、ひなたぼっこさせたなぁ、とか。最後のビデオもひなたぼっこの姿でした。携帯の動画は辛い姿なので、保存しているけれど、見てません。このブログからも見られるんだけど、意図的に避けてます。

ガムテープが好きでいつも遊んでいたな、とか、アポロとは本当に兄弟のように仲良かったな、とか。思い出はいっぱい。

結局、この1年、ヘリオスは姿はおろか、気配すら感じさせてくれませんでしたが、天国ってすんげー楽しいところなんだなぁ、と思うことにします。


ヘリ君、アポロはおじいちゃんだけれど元気です。寂しいかも知れないけれど、まだそっちには連れて行かないでください。

ヘリ君、ソルとはキミのおかげで出会うことができました。ヘリからの最後のとびきりのプレゼントですね。

遠いお空から家族みんなを温かい目で見守ってください。

87aad05e.jpg

1歳の頃のヘリオスと私。2ショット写真ってあまりないので貴重な1枚。

at 20:45|PermalinkComments(8)アポロとヘリオスとソル 

2009年11月25日

1日早いけど

384c7827.jpg

1日早いのですが、ヘリオスが旅立ったのが朝早かったのと、明日仕事から帰ってから命日の準備をするのはなんだか寂しい気がしたので、今日のうちにお花とケーキ(ミニヘリくんの前に置いてある、カボチャとブルーベリーのケーキ2つ)を供えました。

ヘリオスが写真に写ってくれないかなぁ、なんて思ったけれど、お空からわが家にはまだ来てくれてないみたいです。

at 20:32|PermalinkComments(6)アポロとヘリオスとソル 

2009年11月22日

びびりくんとのんびりくん

cc23874d.jpg

毎日のように近所のどこかでタイヤ交換の音がするので、アポロはビビリまくり。散歩もほとんど行けてません。
年を取るに連れて頑固で臆病に。
でも、それはそれで可愛いのだけれど。
目に見えて老けていくアポロを見ると切なくなりますが、仕方がないですね。
少しでも長生きして欲しいけれど、ヘリオスのように苦しむ姿は見たくない。
老衰で大往生。アポロ君、お願いしますよ。

92c3309b.jpg

ソルのこんな姿を撮れるのは珍しい。
どんどんわが家の子になってきました。
しかし、アポロから完全にお許しが出たわけではないので、ガウガウ怒られることもしばしば。そんなときは「かーちゃん、助けて」とすり寄って来ます。
大きい図体でそんなことをするのがおかしくて、いつも笑ってしまいます。
sun父が「シッポ振るようになったし、お手をすれば何かしてくれる、と学習したようだ」と言ってました。
あはは~。

可愛い、可愛い2匹。

ヘリオスの命日が近づいてきて、sun父もヘリオスは去年の今ごろは…とたくさん話すようになりました。
でもね、「ヘリオス」と言うべきところを「ソル」と言ってしまうんですわ。
それは私もなのだけど。
決してヘリオスのことを忘れたわけではないのだけれど。
ヘリ君、怒らないでね。

命日になんとか、姿を見せてくれないかなぁ。
寂しいなぁ、ヘリオス。



at 16:05|PermalinkComments(4)アポロとヘリオスとソル 

2009年11月21日

プリザーブドフラワー

車のディーラーさんで行われた、プリザーブドフラワーの講習会に行ってきました。

気楽な気持ちで臨んだのですが…

結構、難しいんですね。
力加減が分からなくて、茎を折ったり、「ガク」をボロボロと破壊したり困った
さらには、飾り付け1つ取ってもセンスを問われる作業。
先生が少し、バラの花の位置を変えただけでこうもきれいに変わるんだ、と実感。ミリ単位で表情が変わるんですって。
先生のご自宅が私の家と近いと言うことが分かり、また習いに行きたいなぁ、なんて。
ほら。クリスマスも近いでしょう。リースなんていいじゃん。

初心者でも3時間でできるって言われた。

・・・・3時間。大変な作業だわ。


実は何の考えもなく、参加したわけではないのですよ。
ヘリオスのお花が、暖房をつけるようになってから傷むのが早くなってしまったので、プリザーブドフラワーなら良いのかな、なんて思っちゃったので。

2d61775a.jpg

本日の成果。なかなかきれいでしょう。
なんて。先生が手直ししたからきれいなんですけどね…

ささ。ヘリくんのところに飾りましょう。

0090d4f8.jpg


………み、見えませんけど?あーあ。大失敗。
やっぱし生花の方が良いんだね。ヘリくん。
来週の命日には、沢山のきれいなお花を飾ってあげるね。



at 21:31|PermalinkComments(4)お気に入り 

2009年11月02日

犬に関する本

昨日、2冊買ってしまいました。

1冊は既に話題になっているらしい、「星守る犬」。
ずっと欲しくてようやく買えました。


んが。


もうダメです。あれは反則です。
もうね、涙なしでは読めないの。
だから、まだ読み終わってません。
もしかしたら、一生読めないかも。
なんて、少し大げさですが、ホント、タダでさえ涙もろくなっている私には、犬のこの手の話には涙腺ゆるみっぱなしです。
この本を寝る前に読んでしまったので、その後は大変でした。
とにかく、ヘリオスのことばかり思い出されて。
もう、11月ですね。
ヘリオスが亡くなった月です。
早いなぁ…

ヘリオスは私が死んで天国に行ったら、喜んで駆け寄ってきてくれるかな。

なんて、ふと考えてしまいました。


もう1冊は、「大きい犬と暮らしたい」。
大型犬の特集の本って珍しいなぁ、と思って購入。
それと、私、このエイ出版社の本が好き、というのもありますが(笑)



写真はないですが、アポロがタイヤ交換に使う、レンチの音が嫌いで(道路に放り投げると「チャリーン」と金属音が響くのです)、ビビリまくり、ソルとピッタリくっついていることが増えてきました。
写真を撮れないのは、カメラを向けると、ソルが動いちゃうからです(私のところに来てしまうのです。)

at 18:52|PermalinkComments(4)お気に入り