2008年06月

2008年06月28日

白髪

痩せたせいかウエストのくびれがセクスィーです(この写真では分かりにくいですけど)

85b3f265.jpg


今日も元気なヘリオス。

先日、首の当たりにチラホラと白い毛を発見。
7歳は老犬。ましてや超大型犬はね。

そして本日、しっぽの上の方にも白い毛発見。
バニのブログを色々見ていたとき、ボブ君というバニを見つけました。

犬も人間と同じで、白髪になっていくのかな。

アポロのヒゲもまゆ毛もだんだん白いのが目立つようになりました。



《追記》
先ほど獣医さんから電話があって、ヘリオスに変化はないか?と尋ねられました。全くいつもと変わりません、と答えておきました。
食欲と排泄を気にされていました。抗がん剤ってやはり大変なものなのですね。


at 17:02|PermalinkComments(0)アポロとヘリオス 

2008年06月26日

抗がん剤治療・1回目

9:30から抗がん剤治療をしてきました。

私は仕事で行けなかったので夫が付き添いました。

点滴は30分間。カルボプラチンという薬でした。

今のところ元気ですが、食事と散歩は少なめに、とのこと。
1週間~10日後に再度採血し、2回目の治療を3週間後にするか4週間後にするか決めるようです。

1週間経つと白血球の数が減るとフィラリアの薬をもらう際に言われましたが、そのせいなのか抗生物質が処方されています。

今日の血液検査の結果、前回に比べ貧血状態は改善されているようです。
体重は前回より減って43.9?。最大時より6?減っています。
誤差範囲なのか分かりませんが、フードをダイエット用からシニア用に買えた方が良いかな、と。太らせるつもりはないんだけれど悩むところです。

なお、エコー検査の結果、膀胱壁に目立った肥厚は見られないとのこと。まだ癌は再発していないと思って良いのかな。

at 16:57|PermalinkComments(2)アポロとヘリオス 

2008年06月22日

トリミング

802c5f15.jpg

トリミングから帰って来ました。
写真ではわかりにくいまですが(というかなかなか写真を撮らせてくれませんでした…)、腹部と腰からシッポ、後ろ足の毛を短く刈ってもらいました。
サマーカットみたいですが、理由があります。

オシッコが垂れ流しなので、毛が濡れてしまいます。毛が長いので悲惨なことになってしまいます。胸の白く立派な毛もオシッコで黄色く染まってしまいます。毎日拭いても限界…
胸の白い毛は出会う方に「男の子らしくて立派」と誉められていたし、mixiのバニコミュでは長い毛である理由もあったので、本当はカットしたくなかったのですが、不潔になってしまいヘリにイヤな思いをさせたくないなぁと思いました。

こんなカットは去年、腰に出来たできものを取ってもらったとき以来です。

また、オムツをして出かけたら美容室のマダムが「オムツが必要なら声をかけて。安く買えるようにしてあげられるから」と言ってくださいました。
ありがたいです。

もし、ずっとオムツをしなくてはならなくなったらお言葉に甘えようと思います。
犬好き、というか動物好きな人は本当に優しいね。

at 16:37|PermalinkComments(0)アポロとヘリオス 

2008年06月21日

フィラリアと予防接種

夫が昨日から出張でいません。
チビ助がいると動物病院へは行けないので(正確に言えば行けるのですが、病院裏には線路が通っていて、鉄道オタクの息子はそのトラップにはまってしまい大変な目に遭うのです)、実家に預けました。

アポロはいつも通り採血をして、フィラリアの薬を6ヶ月分もらいました。
大好きな薬なのできっと大喜びすることでしょう。

ヘリオスも念のため連れて行きました。
予防接種をどうするか、知りたかったので。
結局、予防接種は今回は後ろにずらしましょう、と言われました。毎年きちんと受けているし、やはり癌という状況からするとムリに受けなくても…と言うことのようです。
フィラリアの薬は1ヶ月分だけもらいました。
今年は11月までちゃんともらうぞー!!

26日の午前中に抗がん剤治療をすることに決めてきました。

at 11:21|PermalinkComments(0)アポロとヘリオス 

2008年06月20日

そうなのか…

あるところで知った、バーニーズのブログ。

そこで、書いてあったことになるほど、と。

癌になってしまうバーニーズは「フードをガツガツ食べ、食べ終わった後にたくさん水を飲み、ドライフードばかりを食べている犬に多い気がする」と言う一文。あくまでも、これを書いた方の主観なのでしょうが、ヘリオス、バッチリ当てはまっています…

ガツガツ食べない、ガブガブ水を飲ませない方法ってあるんだろうか?と言う疑問も頭をもたげたのですが。

ヘリオスはもう発病してしまったので、今まで通りのスタイルで食べさせていますが(フードは手作りの場合もあるけど、好んで食べてくれないし…)、いつか新しいワンコとご縁があったら気をつけてみようかな。

しつこいけど、がっつかない食べさせ方ってあるのでしょうか?

あ、アポロはがっついて食べない…個体差か?

at 18:52|PermalinkComments(4)アポロとヘリオス 

2008年06月18日

とりあえず

吐いた事については問題ないと言われました。
元気だから、と言うことのようです。
今日についてはフードは柔らかく、量は少なめにとのことでした。
あ~、良かった。

抗がん剤治療の日程の話もされました。
来週の水・木・金のいずれかに行う予定です。
頑張って欲しいなぁ。

ところでヘリオス、フィラリアもそうなんですが、予防接種も実はこの時期。去年は6月23日に接種しているのです。
むむぅ。
土曜日に相談してみよう。

at 19:12|PermalinkComments(0)アポロとヘリオス 

2008年06月17日

嘔吐

ヘリオスが今日、3回吐いた。

発病してから吐いたのは初めて。癌のせいなのかな?

相変わらず食欲はあるし、散歩も元気に行ってるんだけど。フードも消化されているようで、水分がほとんどの吐物。
明日、先生に電話しよう。こんな状況じゃ抗癌剤治療、厳しいかな。

at 22:08|PermalinkComments(0)アポロとヘリオス 

2008年06月14日

抜糸

は~、スッキリ

11e66cfb.jpg


今日、抜糸してもらいました。
最初、中腰で先生が抜糸していたのですが、縫った針数もすごく多かったので途中から仰向けになって抜糸。

さすがのヘリオスもちょいと嫌がりました。抜糸って結構痛いモンね。

散歩とシャンプーは2日後からOK!!やったね。
シャンプーは来週の日曜に予約を入れました。
オシッコはダラダラではなく、ポタポタくらい。
でもコーフンするとジョジョーッてやっちゃうのが難点。
まぁ、床が拭き掃除できれいになっていくから良いか、とポジティブシンキング。

さて、今後の治療ですが、やはり抗がん剤治療になるようです。
先生がネックに思っているのは費用です。
今日言いにくそうに、その金額を伝えられました。
むぅ。さすがの私ものけぞった。5万円…漢方薬と合わせると月9万円。
いくら共稼ぎでもこれはムリ。
漢方を中断して抗がん剤治療をやっていく方向が良いのかな、と。
抗がん剤は3~4週間おきに点滴で行うそうです。
その子によっては2、3日入院して行うこともあるそうですが、ヘリオスは通院で大丈夫でしょう、と。
1時間ほど私達も病院にいて点滴をするそうです。
心配されていたのがもう1点。
副作用です。今回使う予定の薬は以前に比べて良くなったモノの、それでもたまに吐き気を催すことがあるらしいです。
かわいそうだけれど、仕方がないのかな。必ず吐いてしまう訳でもないみたいだし。

それから、フィラリアの予防。
実はまだ、お薬をもらっていません(アポロもね)。
その時期にヘリの癌が見つかっちゃったから、私達も先生もフィラリアそっちのけ(苦笑)
なので帰り際、フィラリアのお薬はもらっても良いですか?と尋ねたらこんなお答えが。

「今までは半年分を出していたけれど、今回は1ヶ月ずつでどうですか?」と。
ピン、と来た。
「先生、ヘリオスの状況は半年持たないというお考えですか?」
と聞き返しました。
「オシッコがきちんと出ていれば、1年以上は大丈夫。オシッコが出なくなったら、早いです。2、3日と言うことも。急に体調が悪くなることもあるので。半年分を出しても良いんですけど」と言うことでした。

オシッコさえ出ていれば良いんだなぁ、と改めて分かりました。
出にくくなったらすぐ管を入れてもらおう。

ちなみにヘリの癌は、前にも書きましたが「硬癌」で、胃ガンでスキルスというのがありますが(亡くなられた、逸見アナウンサーやタレントの堀江しのぶさんもスキルスでした)、それと同じなのだそうです。とにかく質が悪いらしいです。

でも食欲もあって元気だし、オシッコもウンチも変わらない。
なのでこのまま抗がん剤治療をやってもらうことにしてみます。
たぶん、来週位からかな。

b7f4aec8.jpg

アポロは来週、6ヶ月分のフィラリアのお薬をもらいますよ。

at 17:39|PermalinkComments(6)アポロとヘリオス 

2008年06月11日

結果・2

先生と連絡を取った夫の話。

□脾臓の腫瘤は結果的に取ってよかった。破裂すると死亡することがあるので。

□ガンについては、抗がん剤治療を行う。土曜日までに方針を立てておきます。

とのこと。
夫もかなり凹んでいます。

at 22:44|PermalinkComments(0)アポロとヘリオス 

結果

帰宅したら、FAX。
先生からでした。

以下、抜粋です。

「脾臓の病変には異型細胞、悪性所見は見られません」

良かった。あんなに大きな腫瘤だったのに。


「膀胱切除材料は盤状に硬結病変を形成しています。
この部分に高度異型細胞群の浸潤性増生が見られます。
いわゆる硬癌の組織形態を呈する腫瘍で、不整胞巣を形成し、浸潤性の増生を示す異型細胞群です。
腫瘍は筋層を破壊し、漿膜側まで浸潤しており、脈管侵襲も確認され、今後の再発、転移の可能性が高い腫瘍です。
引き続き、排尿、排便状況に注意し、厳重な注意を要します。
また内腸骨/腰リンパ節への転移の有無のチェック等もお願いします」


要するに転移の可能性が非常に高い、もしくは既に転移しているかもしれない膀胱癌でした。
文面からするとかなり進行しているようです。

オシッコの時、踏ん張るのはもう再発しているせいなのかな、と。

はっきりさせるためにお願いした手術。
腹をくくる心づもりも出来ていたはずなのに、
力が抜けてしまいました…

at 19:09|PermalinkComments(4)アポロとヘリオス